So-net無料ブログ作成
2017年12月| 2018年01月 |- ブログトップ

見透 [雑記]

突然だが私には未来を見透す力がある。
なんていうとまるで少年漫画に出てくるキャラクターの頼もしいエスパーな能力のようだが、そこまで有能なものでもなんでもない。後述するが実生活で益を得られる場面なんてほとんどない。

見透せるといっても、未来予知などの便利なものではなく、例えるなら重力への理解に近い。
物体を高いところから落とすと低い場所に落ちるなんてのはこの地球上にとっての常識だが
私はそういう当たり前の現象を理解しているだけなのである。

結論から言うと私は人の頭の中を見透すのが得意なのだ。
もっといえば、人間の思考にも重量みたいなものがあり
思考が読みとれれば、その人間はどうなっていくのか、というのを予測することが出来る。
これが私の能力、人の未来を見透す力である。

能力などと格好つけているが実際大したことではない。
誰にでも出来るとまでは言わないが世の中の決して少なくない人間が取得してるだろう。
当たり前すぎるから私のように恥ずかしげもなく口外しないだけである。
しかしほんの少し程度はその鋭さに自信はある。

私は従来この能力を「芸能人がこの先売れるかどうか」程度の使い方しかしていなかったのだが、自覚するようになってから他人の悩みを打ち明けられた時のアドバイスに使うようになった。

しかし、人の未来を見透せるなどと、胡散臭い占い師のような自己紹介をする気はないし、言った所で信憑性はまるでない。さらに私のコミュニケーション能力、国語能力も低いため説得力が無く伝わらない。
相手にとってはただのありきたりなアドバイス程度に伝わるのが関の山である。現実というのはありきたりな結果になることがほとんどなのだがここでは割愛する。

この能力を確信するに至ったのは売れると思った芸能人はみんな売れているし、消えると思った芸能人も消えていたから、だけではなく、身近な人間に対しても成長し飛躍していく人間と落ちぶれるであろう人間の未来を予測して、外した記憶がないからだ。
さらに他人の友人関係、恋愛関係などもそうである。私から見てうまくいくと思える関係はうまくいくし、違和感があればやはり遅かれ早かれ破綻している。
私がアドバイスした時には「そんなことにはならない」と反発され誤解され冷たい人間だと罵られたこともたくさんある。しかし、数ヶ月後、数年後、結果はやはり私が思った通りになっている。最初はそれみたことか、などと子供じみたことを思ったこともあるが、ここ数年は何とも思わなくなった。

そういえばこの能力を株式投資に生かしてみようと投資を始めたことがあった。会社というものは人間が動かしているので、人間の思考を読み取り先を読む能力があれば、今後の会社の浮き沈みが分かり、利を得られると思ったからだ。一生働かなくて済むなら私も望むところなのだ。しかし会社というものは人間の思考よりも読み取るのに多くの情報が必要なこと、浮き沈みが頻繁なこと、神経質な性格が災いし毎日細かくチャートをチェックする日々に疲れて止めてしまった。しかし損は一切出してないことを付け加えておく。

冷めた考え方になってしまうが私にとって人の世とは当たり前のことしか起こらない当たり前の世界だと思う。そんな自分が私は嫌になり「わからないフリ」をするクセまでついてしまった。
人の思考を読もうと思えば読めるし、予測も出来る。しかし常に他人をそういう目でみるのは正直疲れる。
何よりもメリットもない。他人の人生の先が分かった所で私にはほとんど関係がない。
世の中の大多数の人間にとって劇的な将来などありはしない。当たり前の未来に向かうだけである。

ちなみにお約束だが自分の未来を予測するのは非常に難しい。
出来ないことはないが、自分の内面と客観的に向き合うのは単純に気持ちが悪いのだ。
感情というノイズが入っているため他人ほどフラットに思考を読み取ることが出来ない。
私のことはこの文章を読んでくれている方のほうがよっぽど理解しているだろう。
そう、急に中学生みたいなブログを更新してしまうやべーやつで間違いない。

思考さえ読み取れればその人間がこの先どうなるかはわかる。
高いところから低いところに物体が落ちていくように。

最後に、思考というものは変化することが出来る。
しかし根本的に変えるのは至難の業だ。

人の性格は一生変わらないという言葉もあるが半分正解で半分間違いだと私は思っている。
本気で変えようと思った人間なら変えることが出来るのだ。しかしそれが出来る人間がとても少ないのもまた事実だ。

あなたは今何を考えていて、これからどこに向かう気ですか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年12月|2018年01月 |- ブログトップ